『日本百名月』認定登録地

認定登録題6号 【種別:A類】

「月夜野の月」 指月会(群馬県利根郡みなかみ町)

山々の美しい稜線と名月が鑑賞できる地として、夜景鑑賞士によるノミネート及び投票においても上位を獲得。大峰山長慶院嶽林寺では、名月イベント「指月会」が長らく実施されておりファンも多い。厳粛かつ静謐な世界感は日本の名月鑑賞の原点でも原風景とも言え、古来よりの日本人の心を満たす世界感は秀逸。


2005年、月夜野町、水上町、新治村が新設合併して誕生したみなかみ町は、東西に広がる三峰山、大峰山、見城山や河岸段丘による特徴的な地形、古城跡をはじめとした複数点在する観月スポットなど、名月鑑賞地としての素晴らしい環境を持つ。2009年よりスタートした「指月会」は年に一度、大峰山長慶院嶽林寺で行われている。嶽林寺では日が落ち始めると敷地中に設置されたローソクの明かりが灯るなか、活気と荘厳な演奏会が催されている。

詳しくはこちら
Googleマップで開く