『日本百名月』認定登録地

認定登録第48号 【種別:B類】

「東郷湖(望湖楼)に上る月」 (鳥取県東伯郡湯梨浜町)

鳥取県東伯郡湯梨浜町の三朝東郷湖県立自然公園内にある「はわい(羽合)温泉」は、山陰八景のひとつといわれる東郷湖南岸の「東郷湖温泉」に対し西岸に位置し、1843年(慶応2年)に東郷湖の底から湧き出ているのを発見されたと伝えられている。湖畔に浮ぶように建つ月下湖上の楽園「望湖楼」は1931年(昭和6年)開業、2019年にリニューアルした老舗旅館。「望湖楼」の一番の自慢は東郷湖から湧き出る湯量豊富な温泉。温度差のある各泉源を混合して温度調節されているので、館内のすべての温泉は加温・加水を一切していない文字通りの源泉100%かけ流しだ。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)。


灯篭と行灯に照らされた赤い手すりのある桟橋の先には、国内唯一の湖上露天風呂がある。湖に浸かっているかのようなロケーションが自慢の露天風呂やテラス、屋上展望の足湯があり、様々な場所から湖上の月が鑑賞可能。美しき名月は湖の対岸に連なって見える鉢伏山等からのぼり、湖周辺は優しい月あかりで照らされる。時間の経過とともに移ろう景色を贅沢に眺められ、「東郷湖にのぼる月」を対象として認定。

詳しくはこちら
Googleマップで開く