『日本百名月』認定登録地

認定登録題21号 【種別:B類】

「月見の森から望む月」 (岐阜県海津市)

その名の通り、名月を存分に楽しめる展望舞台「月見台」からは海津市はもちろん、遠くは名古屋市を含み東海三県をまたぐ大パノラマの煌めきと、月明かりで染められた夜の風景がダイナミックに鑑賞できます。横たわる木曽三川(揖斐川・長良川・木曽川)の深い闇が天空の月の存在を際立たせ、至極秀逸な名月鑑賞を約束する場所であり、眺望の良い日には、大都市名古屋の超高層ビル群などさらなるインパクトが・・・。


約37.5haの森林一帯には植生も見事に咲き誇り、アジサイ、サクラ、ツツジ、サツキ、ヤマモモなど表情が四季折々の移ろいを醸し出します。月見台へと向かう、258段のまっすぐと伸びる迫力のある石階段は、「月への階段」と名付けられています。なお、月見の森は夜間21時まで(土曜日のみ)ライトアップされており、気軽に散策することが可能です。展望舞台に降り立った瞬間、自身がまるで舞台の主人公のような気分を味わえることでしょう。

詳しくはこちら
Googleマップで開く